日本ファームステイ協会が目指す役割

日本ファームステイ協会は、国際市場が求めるサービス水準を満たした、旅行者にとって魅力的な地域づくりに貢献するため、農泊・ファームステイ実施地域と支援事業者の総力を結集し、会員同士の交流と継続的な研鑽を促進する「プラットフォーム」の役割を担ってまいります。

1.多様な関係者(業界・企業)の知見とノウハウを結集し、全国の農泊事業者・地域の様々な課題解決を一元的かつ全国的に支援

2.旅行者に安全・安心・満足を提供し、農泊施設経営者に目標と指針を示す品質認証制度の運用

3.旅行者の多様なニーズに応じた情報発信、および農泊事業者・地域のプロモーション支援

基本協会活動

1.課題解決支援

農泊事業者・地域からの依頼を受けて、多様且つ経験豊富な支援事業者とともに、経営、マーケティング、施設運用など複合的な観点から様々な課題を解決します。(例:農泊事業者・地域の課題を解決できる支援事業者探し、支援事業者とのマッチングなど)

2.人材育成

農泊事業者・地域に求められるサービス品質などの情報を提供し、農泊主体の発意によるレベルアップを支援します。(例:セミナー・シンポジウム、ワークショップ・勉強会・研究会、研修会等の開催)

3.品質認証

欧州並みの Countryside Stay 市場を形成するため、農泊の品質認証制度を確立します。同様に、教育交流旅行についても市場から求められるサービス基準を関係者の知見に基づいて設定し、一定の品質維持と向上を図る機会を提供します。(例:ファームステイおよび教育旅行における品質基準確立、認証制度づくりとその運用)

4.情報発信・プロモーション

一定の品質基準を満たした農泊事業者・地域の情報を国内外に向けて発信し、農山漁村の所得向上と地域の活性化を応援します。(例:WEBサイトやメールマガジンを通じての農泊・ファームステイ関連の情報発信、プロモーションイベントの開催、各種メディアによる優良事例の国内外への紹介、地域の宿泊先や体験プログラム、農家レストランなどのコンテンツの紹介と予約機能提供など)

基本協会活動