人吉・球磨地域の豪雨による被災者支援ご協力のお願い

連日報道されていますとおり、7月4日より熊本県の人吉・球磨地域は、土砂崩れや球磨川など複数の川が氾濫し、たくさんの死亡者が出るなど過去に例を見ないほどの甚大な被害を受けています。また、幸い一命をとりとめても、多くの方々が避難生活を余儀なくされ、この様子に会員の皆様におかれましても、日々心を痛めていることかと存じます。犠牲にあわれた方々へご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様へ謹んでお見舞いを申し上げます。

このたび、当会の評議員および品質認証支援研究所長でもある、東洋大学名誉教授 青木辰司氏の発案により、会員の皆様へこの地域を支援するための緊急支援金のご協力をお願いすることとなりました。
人吉・球磨地域は、農泊の先進地域として知られていますが、発案者である青木教授はこの地域を長年支援し続けてきました。また、この地域の取り組みを牽引してこられた本田 節様は、昨年度「農泊の手引き」の作成委員会でも多大なご協力をいただいております。
このような縁からも、微力ながら人吉・球磨地域の力になりたいという思いで、ご案内させていただきます。ご賛同いただける場合には、ぜひご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

青木教授からの依頼文およびお振込先等の詳細については、こちらをご覧ください。
https://jpcsa.org/press/hitoyoshi-200706.pdf