7月19日「一般社団法人日本ファームステイ協会主催/スタートアップミーティング 世界基準で民泊を考える 〜これからの農泊・ファームステイ〜」を開催致します

<本イベントは終了致しました。沢山のご来場ありがとうございました。>

本年41日より活動を開始した、一般社団法人 日本ファームステイ協会Japan Countryside Stay AssociationJPCSA)が、「世界基準で民泊を考える ~これからの農泊・ファームステイ~」という今年初のイベントを開催致します。

基調講演には、Google 広告営業本部 観光立国推進部 陳内氏による、デジタル活用の世界的な潮流について、特別講演に、日本インバウンド連合会 理事長 中村氏をお迎えし、インバウンドが農泊へ与えるインパクトについてご講演いただきます。
また、日本とイギリスの農泊研究者、青木辰司 東洋大学名誉教授 司会によるパネルディスカッションも行います。
パネリストには、当協会代表理事の上山、日本航空株式会社 路線統括本部 執行役員の本田氏、日本インバウンド連合会の中村理事長、そしてNHK番組「英語でしゃべらナイト」、「スーパープレゼンテーション」などの英語監修者アダム・フルフォード氏を迎え、日本の農泊・ファームステイの未来についてクロストークを展開します。

皆さま、是非、ご参加下さい。

【イベントタイトル】
一般社団法人日本ファームステイ協会主催/スタートアップミーティング
世界基準で民泊を考える ~これからの農泊・ファームステイ~

【開催日】
2018年7月19日(木)

【時間】
第一部 13:30~17:15 開場 13:00
第二部 17:30~19:00(参加者交流会)

【会場】
時事通信社本社ビル 7F会議室
東京都中央区銀座5−15−8

【参加費】
無料

一般社団法人日本ファームステイ協会主催/スタートアップミーティング 世界基準で民泊を考える ~これからの農泊・ファームステイ~チラシ