安全管理研修(上級編)

農山漁村滞在型旅行の受入数を増やしていくためには、旅行会社との連携は不可欠です。しかし、旅行会社は安全安心な受入体制がある地域を旅行者の皆様に紹介したいものです。では、受入地域はどんな体制を整備すれば、旅行会社に紹介してもらえるのでしょうか。 この研修では、受入地域として備えておくべき安全管理体制として、安全管理マニュアルと保険に焦点を絞って理解を深めます。 なお、この研修は受入地域の体制作りについて説明します。受入団体の代表者や事務局等、受入の中心となる方々に受講していただきたい内容です。

講演・研修時間

合計3時間を基本(内容、時間については相談可能)

受講者像

自治体職員、協議会事務局など 受入地域のリーダーから受入農家まで、受入に係わる全ての人にとって有益です

受講可能人数

ワークショップ参加者:10人~20人

期待される成果

研修受講者は、保険のかけ方や、安全管理マニュアルの作成について学び、組織としての安全管理の方法を学びます

金額(会員価格)

20万円(相談可)※講師研修費のみ。講師旅費、会場代、印刷費等は含みません。

金額(非会員価格)

20万円 ※講師研修費のみ。講師旅費、会場代、印刷費等は含みません

申込先

一般社団法人全国農協観光協会
TEL: 03-5297-0323 / FAX: 03-5297-0260

その他

(1) 安全管理マニュアルの必要性
(2) 安全管理マニュアル作成のポイント
(3) 保険の掛け方
(4) 事故発生時の対応(ワークショップ)